戻る

     おいらのプロフィール

なまえ キンタロウ (ロングコートチワワの男の子)
住んでるとこ ほっかいどうのさっぽろしっていうところ
生まれた日 2000年10月8日
もらわれた日 2000年12月29日
好きなこと 毎日の朝晩のお散歩、鳥のササミ、キュウリ、ボール遊び、お昼寝かな

おいらは2000年の10月に生まれてから、妹と一緒にペットショップで暮らしていたんだ。
仲間がいっぱいいたし、妹ともじゃれ合って仲良く遊んでいたんだけど、その年の12月29日にお父ちゃんがおいらを見て一目ぼれしたみたいで、 すぐに新しいおうちにもらわれていったんだ。

16万円くらいしたんだけど、その頃は他の仲間達に比べても高かったみたい。 でも、その後どっかのテレビCMで「アイ○ルチワワ」ってすごく人気が出て50万円くらいになったみたいだから、お買い得だったかもね。





新しいおうちに来た時はなんでも珍しくて、イスやテーブルやカーペットをかじりまくってはよく叱られていたっけ。
でも昼間はひとりでちゃんとお留守番してたんだよ。えらいでしょ、エッヘン!!


おうちの前が公園だし、お友だちもいっぱいできたんだよ。一番仲のいいのはシーズーのミミちゃんとマロちゃんかな。




おいらはこのあたりでは足が一番速いんだ。キャバリアのゼンちゃんとは、よく追いかけっこをしていたんだけど、 2歳半を過ぎた頃からはあまり走らなくなったかな。なんたっておいらも大人になったんだからね。

おいらの種族は寒がりだから、冬の間ストーブから温風が出ているとその前に丸まっているのが好き!
でも冬の雪の中では思いっきり走り回るのが大好きなんだ。ただ体が小さいから雪が多いと埋もれてしまって 鼻先だけが雪の上に出てる、なんてことになっちゃうことがあるよ。



お風呂は月に2回入るけど、専用のバスタブを持ってるんだよ。と言っても食器洗い用のオケだったんだけど。
それを台所に置いて中にスッポリ入るととても気持ちが良くて、思わず舌がハッハッと出ちゃうんだ。



シャンプーをした後はドライヤーで乾かしてもらった後は嬉しくて部屋の中を走り回っちゃう。

おいらももう6歳になった。人間の年齢では40歳なんだって。誕生日には特別にフライドチキンが食べられるんだ。 本当は毎日でも食べたいんだけど体重が3.9Kgになってしまって(理想は2Kg以下みたい)、現在ダイエットさせられてる(-ω-;)
だれか、お父ちゃんに内緒でフライドチキンを送ってくれないかな〜、お願い(o^-^o)





お父ちゃんのプロフィール


ハンドルネーム キンタロウ (kintarou、キンタロウ@北国)
生息地 北海道札幌市
ホビー カメラ、日曜大工、こんぴゅーた、ドライブ、スキー
北海道生まれの北海道育ち、東京で10数年過ごした後札幌へUターンしてきました。

東京では渋谷区、新宿区、大田区と流転。買い物は勿論、情報入手の速さや色々な催し物など便利さは最高なのですが、 夏の暑さ(や梅雨時の高湿度)には閉口していました。

20代には400ccのバイクにテントを積み、南は鹿児島から北は(里帰りを兼ねて)北海道までツーリングしたこともあります。
スキーは東京在住時に草津などへ夜行バス(車中泊−早朝現地着)を使って数年に一度のペースで行っていましたが、 札幌では30分〜1時間程度の距離に数多くのスキー場があるのでほぼ毎年行っております。

札幌(北海道)は良いところですね。適度な人口、多くの自然と観光スポット、食べ物は美味しいし、大抵の大手企業なら支店・営業所があり、 温泉・スキー場も近く、”すすきの”があり、水道水もうまい(札幌の水道水はボトルドウォーターとして販売されています)し、 明確な四季の移ろいを楽しめる。。
唯一冬の寒さと雪がマイナス点でしょうが、これも楽しむ気持ちがあれば利点にもなりますし、強力暖房による冬季の部屋の中の暖かさは本州の比ではありません。

カメラは小学生の頃に父が持っていた世界初の広角専用機である「オリンパスワイド(初代)」を使用したのが始まりです。

「オリンパスワイド(初代)」 1955(昭和30年)発売。価格16,900円。
 レンズ: DズイコーW3.5cm/F3.5
 シャッター: セイコウシャ製 B、1〜1/500秒
 ピント調節:目測式
 露出: マニュアル


露出計も距離計もないカメラですのでかなり苦労したことを覚えています。フィルム現像や焼付けは風呂場にカーテンを張って簡易暗室を造り自分でやっていました。また、叔父がニコンFとレンズ群10数本持っており、たまに触らせてもらったりして随分影響を受けましたね。

その後「Nikomat FTN」を父に買ってもらい、それを未だに所持しております。



どちらかと言えば写真撮影よりカメラのメカに興味を持つ方で、バラして昇天させたカメラ数は二桁になるかも。。(安いコンパクトカメラですが)

20代後半〜30代にはニコンFを中古で購入、その後F2、F3と買い替えてきましたが、撮影時間が取れなくなって全て友人に譲りました。

  

その後何回かの中断期間を挟みながら、ニコンFM、オリンパスOM2、ニコンF90Xを購入、やがてデジカメ時代が始まって、平成12年に「FUJIFILM FinePix4700Z」を購入、平成16年5月に「ニコン D70」を購入した頃から撮影を再開しました(風景撮影がメインです)。現在は「D610」を使用しています。

   


パソコンは会社で使用のものを含め10数台組み立てて(自作)きましたが、最近はノートパソコンを使用する時間が多く自作はあまりやらなくなりました。
が、ノートパソコンは拡張性が弱いのでその内再開しようかと思っています。









戻る